コンビニATMから即日融資でキャッシングは可能なのか?

  • コンビニATMで即日融資ができるって本当ですか?
  • キャッシングしたいけど、自動契約機に入るのは気が引ける・・・
  • コンビニATMなら夜中でも借入が可能ですか?

 

アプリを使ってコンビニATMでキャッシングする人

 

コンビニが24時間営業していることが当たり前の時代になりました。

 

最近は、人手不足から24時間営業を廃止する流れがあるとかないとか…。

 

それはともかく、コンビニATM機を使って24時間キャッシングすることが出来たら便利ですよね?

 

もし夜中に突然、お金が必要になったときでも、近所のコンビニでお金を調達できるって思うと安心ですよね?

 

急にお金が必要になったときに、親や友達にお願いしていては時間がかかりますし、関係性にもヒビが入りかねません…。

 

手持ちの現金がなくなったときに、キャッシングを利用して最寄りのコンビニATMからお金が借りられたら便利です。

 

コンビニATMで現金を引き出す

 

この記事では、コンビニATMを使って即日融資でキャッシングする方法をご紹介しています。

 

あなたがまだ、キャッシングの登録をしていなくても、すでに登録していても、知っておくと便利な情報をまとめました。

 

これらの情報を知らないと、コンビニATMでキャッシングするメリットを十分に受けられないかもしれません。

 

もしもあなたが、コンビニATMを使って上手にキャッシングを利用したいとお考えなら、今すぐこの記事を読み進めて下さい。

 

 

コンビニATMから即日融資が可能な消費者金融はどこ?

大手の消費者金融では、「ローンカード」や「スマホアプリ」を使ってコンビニATMで借入が可能です。

 

コンビニATMでアプリとローンカードを使う

 

スマホアプリを使いたい人も、まずは公式HPで審査の申し込みをしましょう!

 

人気の消費者金融であるプロミスやSMBCモビット、そしてアイフルの借入方法について説明していきます。

 

プロミス

 

プロミスのロゴ

プロミス公式HPを確認する

 

プロミスでは、はじめての方にはメアド登録とWEB明細利用という簡単な条件のみで「30日間利息0円サービス」が実施されています!

 

実際に借り入れをしてから30日間ですので、契約後に慌てて借りなくても大丈夫です!

 

郵送物なしやカードレスにも対応していますので、誰にも知られず手間いらずでキャッシングが可能です。

 

プロミスは大手のコンビニATMと提携しています。

 

コンビニATMだけではなく、マルチメディア端末を使ってキャッシングすることも可能です。

 

注意したいのは24時間いつでも使えるわけではないことです。

 

基本的には24時間利用できますが、コンビニ店舗によってはATMが使えない時間帯もあります。

 

例えば、毎週月曜日の午前0時から7時は、メンテナンスのために使えないことがあるので覚えておきましょう。

 

プロミス自体が借入を受け付けないこともあるので気をつけてください。

 

1月1日は借入も返済も受け付けていません。

 

申込をしても翌営業日以降の対応となります。

 

 

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットのロゴ

SMBCモビット公式HPを確認する

 

WEB完結申込なら、電話連絡なし、郵送物なし、カードなしの手間いらずでキャッシングが可能となります。

 

モビットカードに関しては、ゆうパックで指定のコンビニで受け取りが可能となっています。

 

Tカードと一体になったSMBCモビットカードもあり、Tポイントを集めている人にはお得に利用が可能です。

 

※WEB完結申込の条件…三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている、かつ、社会保険証もしくは組合保険証を持っていることが条件となります。

 

SMBCモビットは二つの方法でコンビニATMから借入が出来ます。

 

  • SMBCモビットアプリ
  • SMBCモビットカード

 

SMBCモビットアプリは、ローンカードを使わずにキャッシングが出来ます。

 

アプリを使って借入が出来るのはセブン銀行ATMからです。

 

使い方はとても簡単で、アプリに登録してあるカード番号と暗証番号を使って借入をしていくだけです。

 

キャッシングの利用ごとに手数料がかかってきます。

 

借入金額によって手数料が変わりますから前もって確認しておきましょう。

 

SMBCモビットカードを使うときには、どう利用したら良いでしょうか。

 

ローンカードを提携ATMに挿入し、引き出しボタンを押して暗証番号を入力していくだけです。

 

返済方法を選び、最後に申込内容の確認をすると現金を引き出せます。

 

コンビニに三井住友銀行ATMがあるなら、手数料無料で借入が可能です。

 

 

 

アイフル

 

アイフルのロゴ

アイフル公式HPを確認する

 

契約日から最大30日間の無利息サービスが実施されています。

 

郵送物一切なしのWEB完結にも対応していますし、コンビニATMを利用した即日融資にも対応しています。

 

最後にアイフルを使ってコンビニATMからキャッシングをする方法を紹介します。

 

アイフルの特徴は、細かな金額でもコンビニATMから借入が出来ることです。

 

借りすぎてしまわないように金額をコントロールしやすいサービスです。

 

アイフルのローンカードを使ってコンビニATMからお金を引き出せますし、振り込み融資サービスで自分の口座に振り込まれた現金をコンビニATMから引き出すことも可能です。

 

コンビニATMを使って即日融資する方法とは?

コンビニのATM機を使って即日融資するための方法や条件についてまとめました。

 

即日融資を希望するにチェックを入れる

 

  • 即日融資するための代表的な2つの方法
  • 即日融資を受けるための5つの条件とは?
  • 即日融資を断られる人の理由とは?

 

これらについて詳しく説明します。

 

即日融資するための代表的な2つの方法

 

今日中にキャッシングしたい

 

ローンカードを自動契約機で受け取ってコンビニATMから引き出す

 

1つ目のコンビ二ATMで即日融資する方法は「自動契約機」を中継する方法です。

 

  1. インターネットや電話で申込を済ませる
  2. 自動契約機の営業時間内に足を運び契約
  3. ローンカードを発行してもらう
  4. ローンカードを持ってコンビニATMから引き出す

 

キャッシングのことをカードローンと呼ぶ人がいますが、キャッシングには専用のカードが必要だという時代が長く続きました。

 

現在もこのやり方が残っており、カードレスは嫌だという考えの人も一定数おられるようです。

 

コンビニATMでキャッシング会社のローンカードを発行することは出来ませんので、自動契約機に足を運ぶ必要があります。

 

即日融資でなければ「郵送」という手段もありますが、これでは数日から1週間くらい待たされることになります。

 

大手のキャッシング会社であれば、審査受付時間が21時となっています。

 

 

ローンカードを使ってコンビニATMから即日融資を希望されるのであれば、この21時までに審査が完了しておく必要があります。

 

そのため、「20時59分までに申し込みをすればOK」という認識は間違いです。


 

審査時間の目安として「30分」と記載されていますが、実際には書類の不備や在籍確認がスムーズにいかないなどのイレギュラーが発生しがちです。

 

最低でも21時終了時間の1時間前である20時までには審査の申し込みを終えておくことが必要です。

 

21時までに契約完了の連絡を受け取って、そのあとに自動契約機でローンカードを発行してもらいましょう。

 

自動契約機にも営業時間がありますが、ローンカードがあればコンビニATMから基本24時間の引き出しが可能となります。

 

0時以降の深夜時間帯は自動契約機は営業していないケースが多いです。

 

その場合は手数料が発生しますがコンビニATMでの引き出しましょう。

 

ローンカードを持つ際には磁気不良に注意しよう!

 

キャッシングやクレジットのカードに磁気ストライプやICチップが埋め込まれていることがあります。

 

特に磁気ストライプに関しては、磁気不良を起こしやすいので注意が必要です。

 

財布の中にカードを束のように入れてしまいがちですが、どのカードとカードが磁気不良を起こすか分からないので注意しましょう。

 

財布がカードでパンパンになっている

 

最近はスマホケースを利用するのが主流かと思いますが、そのケースの中でも手帳型のケースを利用している人は注意が必要です。

 

というのも、多くの手帳型ケースには「マグネット」が使用されています。

 

ケースの開閉を便利にするために、マグネット(磁石)を使って作られています。

 

このマグネットによって、クレジットカードなどの磁気ストライプに磁気不良が起こり機能しなくなってしまうのです。

 

また、手帳ケースのポケットに磁気ストライプの付いたカードを複数重ねて保管するのも、磁気不良の原因となりえます。

 

カードが磁気不良を起こせば、使えない以上は「再発行」が必要となりますの注意しましょう。

 

私の経験上の話ですが、クレジットカードが磁気不良を起こすと非常に面倒です。

 

ネット上の色々なところに登録しているクレジットカードだと、その登録をやり直したりといった手間が発生しますので非常に手間となります。

 

キャッシングのカードも含め、磁気ストライプがついているカードを持つ際には保管に十分注意しましょう。

 

アプリのQRコードを使ってコンビニATMから引き出す

 

アプリで審査の申し込みから引き出しまで可能となっています。

 

最終的にコンビニへの来店は必要になりますが、キャッシング会社の店舗や自動契約機に対しては来店不要となります。

 

コンビニに対しても来店不要にしたいのであれば、一切をアプリ上で終わらせるために「振込によるキャッシング」が必要条件となります。

 

その場合だと、銀行の営業時間以外は振込作業がされずに、入金されないといった制約があります。

 

しかし、アプリを使ってコンビニATMから引き出すのであれば、基本コンビニや銀行のメンテナンス時間などを除けば24時間のキャッシングが可能となります。

 

新規で即日融資を受けたいのであれば、自動契約機でローンカードを受け取る時と同じく、「審査時間」にはタイムリミットがあります。

 

最低でも20時までにはアプリで申込の申請、必要書類をアプリ上のカメラで撮影して送信する、といった作業を終えておく必要があります。

 

21時までに契約まで完了できれば、あとはスマホをもってコンビニへ向かえば現金の引き出しが可能となります。

 

 

コンビニATMでアプリ対応となっているのは、「セブン銀行ATMのみ」となっている点には注意が必要です。


 

即日融資キャッシング

 

即日融資を受けるための5つの条件とは?

 

コンビニATMからの即日融資を受けるためには、主に以下の5つの条件をクリアする必要があります。

 

5本指で即日融資の為の5つの条件を示す女性

 

  1. 年齢制限
  2. 時間制限
  3. 職業
  4. 必要書類
  5. 信用情報

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

年齢制限

 

キャッシングには年齢制限が「一応」あります!

 

もともとキャッシングの事を「サラ金」と呼んだ時代がありましたが、文字通り「サラリーマンが使う金融」という意味で使われていました。

 

つまり、キャッシングはサラリーマン世代の男性が主なターゲットだったのです。

 

しかし、時代が流れるうちに大学生やOL、60才以上の高齢者への貸し出しも増えていき、次第にサラ金という言葉は使われなくなっていきました。

 

主な消費者金融では、現在以下の年齢制限を貸し出しの条件としています。

 

「20才以上69才以下」

 

70才以上と未成年には基本的にキャッシングは不可となっています。

 

 

ひと昔前までは、貸出年齢の上限が60才だった時代もありました。

 

少子高齢化の流れで、年金の受給年齢が上がったり、時代は移り変わります。

 

事実としてキャッシングの上限年齢も昔より上がりましたので、今後も年齢制限に関しては見直しが行われる可能性があります。


 

時間制限

 

時計で審査申込時間に間に合うか確認する男性

 

即日融資を受ける為には、キャッシング会社の審査時間内に契約まで終わらせる必要があります。

 

よく24時間受付といった書き込みを見かけますが、実際には申込の受付が24時間行われているというだけの話です。

 

24時間いつでも審査が受けられる上に契約まで終えられるといった意味でとらえがちなので注意しましょう。

 

銀行振り込みの場合 コンビニATMでの引き出しの場合
  • 平日9:00〜14:50に審査完了→即日融資
  • 土日祝日申込&審査完了→翌営業日振込

※審査自体は土日祝日でも行っていますが、銀行の営業時間でないと振込が出来ません。

  • 365日20時30分までに審査申込&審査完了→即日融資

※審査時間内で契約が完了した場合に限ります。

 

銀行振り込みでのキャッシングを希望する場合は、平日9:00〜14:50に手続きを完了しておく必要があります。

 

銀行の営業時間に間に合わなければ、振り込みは翌営業日となり、即日融資ができなくなります。

 

 

2018年10月以降は、銀行間で「モアタイムシステム」という銀行の営業時間外でも即時振込が可能となるシステムが採用されています。

 

全ての銀行が採用しているわけではなく、2020年4月の段階で1,100行以上が参加しています。参考:モアタイムシステム参加金融機関一覧

 

これにより、消費者金融での新規申し込み→振込に関して、平日夕方以降や土日祝日でも多くの銀行口座への即時振込が可能となっています。

 

大手の消費者金融では、土日祝日でも即時振込に対応している銀行であれば即日での借り入れがしやすくなっています。


 

自動契約機を使ってローンカードを発行してもらう、もしくはスマホのアプリを使ってコンビニATMから引き出す。

 

この方法をとる場合には、審査受付時間の21時までに審査を完了させておく必要があります。

 

多くのキャッシング会社が審査時間は最短30分といったフレーズでPRされています。

 

この最短30分を採用するなら、最低でも20時30分までに審査申込を終えておく必要があります。

 

とある調査によれば、最短30分とうたっているキャッシング会社でも平均2時間から3時間は必要だといったデータもあります。

 

 

あくまで最短30分という時間は、書類の審査や在籍確認などがスムーズにいった場合の理想的な目安時間だということを覚えておきましょう。

 

コンビニATMでの即日融資を希望する場合は、土日祝日含めて遅くても20時30分までには審査の申し込みを済ませておく必要があります。


 

職業

 

キャッシングにおいては、安定した収入があることが条件の一つとなっています。

 

しかも、その安定した収入は仕事によって得られたものでなければ審査において認められません。

 

例えば、親の仕送りで生活する大学生や年金のみで生活を送る年配者の場合は、キャッシングにおいては審査対象外となってしまいます。

 

20才以上で70才未満、かつ安定した収入があることがキャッシングにおける最低限度の条件となっています。

 

職業に関しては、それほど区別されることはないといえます。

 

というのも、正社員だろうが契約社員だろうが、はたまたアルバイトであったとしても、安定した収入があるのであればキャッシングの審査を受けられます。

 

アルバイトよりも正社員、正社員よりも公務員のほうがキャッシングしやすいのでは?

 

そう思ってしまいがちですが、実際には職業以外の部分で審査にマイナスが付く場合もありますので、一概に職業だけで借りやすい借りにくいといった判断は付けられないのが実情です。

 

キャッシング審査においては、多くの会社が独自の「スコアリングシステム」というものを採用しています。

 

職業だけではなく、持ち家か賃貸かの住居の情報、他社借入状況、年齢、住宅ローンの有無、居住年数など、様々な項目において点数付けが行われます。

 

職業がアルバイトだからといってキャッシングは難しいのではないかと考えがちですが、実際には多数ある項目の中の一つに過ぎないということを覚えておくと良いでしょう。

 

 

ちなみに、「水商売」の人に関して、キャッシングは可能なのかといった疑問を持たれている人もおられるでしょう。

 

基本的に水商売と呼ばれる「ホステス」「バーテンダー」「ウエイター」「遊技店店員(パチンコ屋)」といった職種が職業欄の項目に入れられています。

 

つまり、水商売でも安定した収入があればキャッシングの為の審査を受ける事は可能ということです。


 

必要書類

 

本人確認書類(免許証)

 

キャッシングにおいては、基本的に運転免許証があれば必要書類は概ねクリアとなります。

 

ただし、借入希望額が50万円を超える場合には「収入証明書」の提出が必要となります。

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

 

ちなみに、収入証明書の提出が求められるのは1社から50万円以上借りる場合だけではありません。

 

すでに他社から借り入れがある場合は、その借入額も含めて100万円を超える場合にも、収入証明の提出が求められます。

 

また、上記で説明したスコアリングシステムにおいて、少し返済能力に疑問がある場合などは、本人確認書類と一緒に収入証明書の提出が求められる場合があるので覚えておくと良いでしょう。

 

もしも運転免許証がない場合や記載された住所と現住所が異なる場合などは追加で本人確認が可能な書類の提出が求められます。

 

  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 公的証明書類
  • 健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 公共料金の領収書(直近2回分)
  • 住民票
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書

 

信用情報

 

信用情報とは、キャッシングや各種ローンを組んだりした事実となります。

 

これは信用情報機関と呼ばれる以下の機関によって管理されています。

 

  • CIC(CREDIT INFORMATION CENTER):株式会社シー・アイ・シー
  • JICC(Japan Credit Information Reference Center Corp):日本信用情報機構
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター

 

多くのキャッシング会社が、この3つの機関のどこかから、キャッシング希望者の信用情報を照会しています。

 

それぞれの機関は独立して運営されていますが、個人情報における以下の情報においては共有するシステムが作られています。

 

  • 長期延滞
  • 代位弁済
  • 債権回収
  • 保証履行
  • 強制解約

 

ちなみに、上記の個人情報を共有するシステムをCRINとかFINEと呼ばれています。

 

  • CRIN…Credit Infomation Network
  • FINE…Financial Information Network

 

情報機関同士は、「CRIN(Credit Information Network)」によって情報交流しており、個人の金融取引をシェアできるような仕組みになっています。

 

これらは他社借入件数や他社借入額なども把握できるため、「総量規制」を超えた貸付を行わないことにも役立てられています。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の貸し付けをしてはいけないという貸金業法の決まりです。

 

キャッシングをするだけで個人情報にキズが付くのか?

キャッシングしたりローンを組んだりするだけで、個人情報にキズが付くことはありません。

 

キャッシングを行った事実は残りますが、これはキズではなくタダの履歴ですので、信用情報としてマイナスになることはありません。

 

むしろ、過去にキャッシングの履歴があり、問題なく返済しているのであれば、キャッシングの審査においてはクレジットヒストリーを積んだことになり、信用度が上がります。

 

ただし、借入した上で返済の遅延や延滞、債務整理や自己破産といった金融事故を起こすと信用情報に「異動情報」、つまりは「キズ」として記録が残ります。

 

また、同時に複数社にキャッシングの審査を申し込みする場合も注意しましょう。

 

それが2社までなら審査に落ちた時の為の予備として申し込んだと説明がつきますが、3社以上になると「申し込みブラック」として審査に落とされる理由となりえます。

 

かつての大手消費者金融で作られていた任意団体「消費者金融連絡会」において、「三社規定」というルールがあり、借り入れが三社までなら審査や融資を行っても構わないといった内容です。

 

現在も、このルールを事実上採用しているのではないかと考えられていますが、審査内容を各社公開していないので確かな事は分かりません。

 

即日融資を断られる人の理由とは?

 

キャッシング審査落ち

 

即日融資の審査に落とされてしまう理由としては、上記の5つの条件を満たさない場合が主な理由となります。

 

なるべく新規で申込をする場合には、AM中に審査の申し込みを済ませておき、夕方くらいには契約完了といった流れにしておくのが安心です。

 

契約が済まばローンカードを自動契約機で発行してもらうなり、スマホのアプリを使うなりして、コンビニATMから24時間引き出しが可能となります。

 

コンビニATMキャッシングならアプリ活用がおすすめな理由とは?

コンビニATMとアプリの組み合わせは、キャッシングにおいては非常に便利な組み合わせとなります。

 

コンビニATMでキャッシングする女性

 

  • アプリでキャッシングするメリット
  • アプリを使ってコンビニATMでキャッシングする流れ(操作方法)
  • 利用可能なコンビニATMの種類

 

これらについて詳しく見ていきましょう。

 

アプリでキャッシングするメリット

 

アプリでキャッシングすることには、主に3つのメリットが挙げられます。

 

  1. ローンカードレス
  2. 郵送物なし
  3. 管理が楽

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

ローンカードレス

 

まず最初に挙げられるのが、ローンカードを持たなくていいというメリットです。

 

ローンカードを使ったキャッシングの場合には、以下のようなデメリットが挙げられます。

 

  • ローンカードを忘れてATMから引き出せない
  • ローンカードを紛失してしまい再発行しなければならない
  • ローンカードを人に見られてキャッシングの事実がバレた

 

その点、アプリであればスマホの中身を見られない限りキャッシングの事実に気づかれるリスクがほぼゼロです。

 

引き出しの際も、コンビニのATMを使えばキャッシングしているかどうかの判断は付けられません。

 

アイコンはキャッシング会社のロゴが入っている場合が多いです。

 

スマホを横から除かれ場合に、キャッシング会社のロゴを見られるとキャッシングの事実が知られてしまう原因となります。

 

そのため、スマホ上でアプリを管理する場合は「フォルダ」を作ってTOP画面でアイコンが表示されないようにすると良いでしょう。

 

私の場合は「生活」といったフォルダ名で作成して、その中にキャッシングアプリを入れて管理しています。

 

郵送物なし

 

アプリを使ってキャッシングをする場合、基本的に契約書などの書類はアプリ上で確認することになります。

 

そのため、自宅に郵送物が届かないといったメリットがあります。

 

自宅に郵送物が届くと、家族と同居している場合にはキャッシングの事実を知られてしまう原因となります。

 

きちんと返済して利用していれば何ら問題がないことではありますが、とはいえお金のこととなると家族にも踏み込まれたくない領域であるのも事実です。

 

安心してキャッシングを利用する為にも、余計な郵送物は自宅に届かない方が安心です。

 

管理が楽

 

アプリを利用することで、分かりやすい返済計画が立てられます。

 

また、返済日が近づくとプッシュ通知で知らせてくれる機能があるので、返済忘れや返済日の管理が格段に楽になります。

 

自動引き落としにしている場合も含めて、返済日を事前に知らせてくれる機能は非常に助かります。

 

カードを管理する必要がないので、急ぎの時もスマホがあればコンビニに駆け込んでATMからすぐに現金を調達できます。

 

アプリを使ってコンビニATMでキャッシングする流れ(操作方法)

 

コンビニATMでキャッシングする女性

 

  1. アプリにログインする
  2. セブン銀行ATM画面の「スマートフォンでの取引」を押下する
  3. アプリ上で出金か入金のいずれかを選択する
  4. QRコードをアプリで読み取る
  5. アプリに「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示される
  6. 企業番号とワンタイム暗証番号をATM画面に入力する
  7. 取引金額を入金する
  8. 完了

 

利用可能なコンビニATMの種類

 

キャッシングで利用可能なコンビニATMとして、主に以下の3種類が挙げられます。

 

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イーネット

 

【イーネット対応コンビニ一覧】

  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • コミュニティ・ストア
  • ニューデイズ
  • アンスリー
  • サンドラッグCVS など

 

例えば、プロミス・SMBCモビット・アイフルの3社であれば、上記の3つのコンビニATMと提携していますので、借入も返済も可能となっています。

 

 

ただし、アプリを使ったコンビニATMキャッシングに関しては、現状「セブン銀行ATMのみ」となっている点には注意が必要となります。

 

ローソンATMやイーネットを使ってキャッシングする際には、各キャッシング会社の「ローンカード」が必要となります。

 

ちなみに、コンビニではありませんが、AEONのイオン銀行に関しても、上記3社は提携しています。


 

即日融資キャッシング

 

コンビニATMでキャッシングする時の6つの注意点とは?

 

コンビニATMでキャッシングする時の禁止事項

 

  1. 手数料
  2. 時間帯
  3. 借入限度額
  4. 硬貨利用不可
  5. 返済日失念
  6. メディア端末

 

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

 

手数料

 

コンビニATMを使ってキャッシング(借入・返済)をする場合、必ず手数料が発生します。

 

  • 1万円以下…100円+税
  • 1万円超…200円+税

 

消費者金融で手数料なしで利用するためには?

基本的にコンビニATMなどの提携ATMでは手数料が発生してしまいます。

 

銀行振り込みでの返済に関しても、銀行で指定された手数料が発生します。

 

そのため、手数料無料で借入や返済をしたいのであれば、以下の方法を選ぶといいでしょう。

 

  • 自社ATM
  • 店頭窓口
  • 口座振替
  • インターネットバンキング(銀行に限りあり)
  • コンビニメディア端末(消費者金融による)

 

時間帯

 

コンビニATMで即日融資を受ける際に注意したいのがメンテナンス時間です。

 

例えば、セブンイレブンの場合は毎月第三日曜日の翌日0時半から5時半までATMが利用できません。

 

月曜朝一番に入金が必要な案件がある場合などは、あてにしていると困ってしまいます。

 

コンビニATMでのキャッシングは24時間だという認識が一般的ですが、例外があることを覚えておくと良いでしょう。

 

借入限度額

 

キャッシングでまとまった金額を借り入れする場合には、コンビニATMの引き出し限度額にも注意する必要があります。

 

  • セブン銀行ATM…50万円まで
  • ローソン銀行…20万円まで
  • イーネット…20万円まで

 

※上記は目安となります。カード会社によって限度額には多少の違いがあります。

 

硬貨利用不可

 

コンビニATMでは、硬貨が使えないケースが多いです。

 

その理由としては、硬貨は故障を起こす原因となりやすいからです。

 

安定的にATMを稼働させるという意味においても、硬貨利用を避けた方が良いと考えられています。

 

そのため、コンビニATMでキャッシングする際にも1000円未満の硬貨は利用不可となっています。

 

ちなみに、コンビニATMでは基本「万単位」でのキャッシングしか対応していません。

 

セブン銀行ATMのみが借り入れ(出金)に関して「千円単位」での利用が可能となっています。

 

 

硬貨を使って返済したい場合には、コンビニに置いてあるメディア端末を使って返済すると良いでしょう。

 

発券されたチケットを持ってレジで支払いますので、この場合は問題なく硬貨(小銭)を使うことが出来ます。


 

返済日失念

 

コンビニATMで借り入れをしたり、返済をする場合には、特に返済の際に忘れてしまうというリスクがあります。

 

口座振替であれば、そのリスクが最小限になりますが、コンビニATMで返済となると少し注意が必要です。

 

借入に関しては、色々な事情があると思うので手数料が発生してもコンビニATMを使う価値はあると思いますが…。

 

返済に関しては、口座振替にしたり、以下で紹介するメディア端末を使って返済したほうが失念防止にもなりますし、手数料も発生しないのでお得です。

 

また、アプリであればプッシュ通知で返済日を知らせてくれます。

 

アプリ以外であっても、メール通知サービスを行っているキャッシング会社は多いので、そういった機能を利用すると返済日失念の予防になるでしょう。

 

万が一、返済が間に合わない時には?

まず、返済計画をしっかりと立てて、返済が間に合わない事態に陥らないようにすること、これが大前提ですね。

 

しかし、世の中すべてにおいて絶対はありません。

 

万が一、返済が間に合わないと判断した場合には、ただちにコールセンターに連絡を入れましょう。

 

一部のキャッシング会社においては、オペレーターと会話せずに自動音声で返済日を延ばせることもあります。

 

返済日が過ぎても、連絡を入れない場合には、必ず電話連絡が入ります。

 

それでも無視し続ければ、給与差し押さえなどの法的手段で対応されてしまいますので、返済は必ず行うようにしましょう。

 

メディア端末

 

ローソンやミニストップ、ファミリーマートに設定してあるメディア端末を使ってキャッシングができます。

 

ファミマのFamiポート

 

全ての消費者金融でメディア端末返済が可能ではありませんが、プロミスやSMBCモビットなどはローンカードがあればFamiポートでの返済が可能です。

 

  • ローソン…Loppi
  • ミニストップ…Loppi
  • ファミリーマート…Famiポート

※Loppiでの返済サービスが2020年3月で終了となってしまいました。

 

Loppiで返済する手順

  1. 「各種サービスメニュー」を押下する
  2. 「各種代金・インターネット受付」を押下する
  3. 「クレジットショッピングのお支払い」を押下する
  4. 「キャッシング会社のロゴ」を押下する
  5. 暗証番号・返済金額を入力する
  6. 「了解」を押下する
  7. 発券された「各種収納代行申込券」をレジで渡し支払う

 

Famiポートで返済する手順

  1. 「金融サービス/国際送金など」を押下する
  2. 「借入金のご返済」を押下する
  3. 「返済するキャッシング会社のロゴ」を押下する
  4. ローンカードをカードリーダーに挟みスライドさせる
  5. 暗証番号・返済金額を入力する
  6. Famiポート申込券を受け取る
  7. 発券された「レシート(申込券)」をレジで渡し支払う

 

しかし、実際には「返済が可能」なのであって、「借り入れは不可」となっていますので注意が必要です。

 

チケットを購入する時と同じように、メディア端末から発行されたレシートをレジに持って行って返済する流れとなります。

 

借入はコンビニATMを利用して、返済にはメディア端末を使うと手数料が節約できるのでお勧めです。

 

 

メディア端末を使って支払いをすれば、プロミスやSMBCモビットでは支払手数料を0円に節約できますので賢い使い方として覚えておくと良いですね。

 

ちなみに、発券されたレシートは有効期限が30分になっていますので、時間内にレジで支払うようにしましょう。

 

あと、発行されるレシートはまぁまぁ大き目で、キャッシング名がバッチリ記載されています。

 

近所でよく使うファミマだと、レジの人に知られると気まずいかもしれませんので、少し遠方のファミマを使うと良いかもですね。


 

その他のコンビニATMからキャッシングする方法とは?

 

銀行のキャッシュカードを利用する

 

コンビニATMを使って銀行のキャッシュカードでお金を借りることが可能です。

 

キャッシュカードを使うと、自分の銀行口座からお金を下ろすことになるのではないかと思うかもしれません。

 

実は銀行のキャッシュカードには、お金を借りられる「カードローン機能」がついています。

 

キャッシュカードを発行してもらう際に「キャッシュカード一体型カードローン」を利用することが可能となっています。

 

自分のカードにカードローン機能がついているかどうかは銀行に確認してください。

 

もしついていなければ、その場で申し込むことが出来ます。

 

銀行のキャッシュカードを使ってお金を借りるメリットは何でしょうか。

 

カードを見ただけでは、キャッシングをしていることが周りの人に知られないと言うことです。

 

友達がそばにいてもカードを見ただけだと、銀行のキャッシュカードを使って自分の口座からお金を下ろしているようにしか見えません。

 

わざわざ銀行に行かなくてもコンビニで現金を借りられるのもメリットの一つです。

 

しかも、銀行と提携しているコンビニATMなら借入手数料がかかりません。

 

手数料無料で24時間いつでもお金を借りられるのはかなり便利です。

 

クレジットカードでキャッシングする

 

クレジットカードのキャッシング機能を使うことも出来ます。

 

一般的なクレジットカードには標準で「キャッシング機能」がついています。

 

コンビニATMへクレジットカードを入れると、自動的にキャッシングサービスが利用できる画面へ切り替わります。

 

画面の指示に沿って、暗証番号や借り入れしたい金額を入力していくなら簡単に融資を受けられます。

 

前もって何の登録もいりませんし、審査を待つ時間も無いので便利なサービスです。

 

海外に行ったときにも利用できるので、旅行の時には覚えておきましょう。

 

海外でお金が足りなくなった時に、現地の通貨でキャッシングが可能なのはクレジットカードのみです。

 

どのクレジットカードであっても下記のロゴマークがついていれば、海外でのキャッシングサービスも利用できます。

 

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard

 

自分のカードを見てこれらのロゴマークがあるか確認してください。

 

クレジットカードでキャッシングする際に、返済方法を「リボ払い」にすると利息が高くなるので気をつけなければなりません。

 

 

リボ払いとは、正式名称は「リボルビング支払い」といい、分割払いと混同してしまっている人が多いようです。

 

リボ払いと分割払いは似て非なるものです!

 

分割払いが「支払い回数」を決めて支払うのに対して、リボ払いは「支払金額」を設定して支払う仕組みになっています。

 

いくら借金をしても、毎月の支払金額が一定なので、自分が今いくら借りているのか把握しづらい仕組みになっている点に注意が必要です。

 

毎月1万円と設定されていれば、いくら借金が増えても支払うのは1万円なので負担を感じづらい特徴があります…。

 

しかし、支払う期間が長くなっていくので、その分だけ利息や手数料を余計に払っていることになります。


 

クレジットカードの注意点

 

特に限度額を変更したりしていなければ、新規で発行されたクレジットカードの場合は「キャッシング枠10万円」と設定されているケースが多いです。

 

しかし、いざ10万円必要になったのでキャッシングしようと思ったら、実際には5万円しか借りれなかった…。

 

そんなことが起こりえます。

 

その理由としては、クレジットカードのキャッシング枠は「ショッピング枠」の利用状況に影響されるからです。

 

簡単な話、ショッピング枠20万円のうち、すでに15万円を使っていた場合、ショッピング枠もキャッシング枠もどちらも残り5万円までしか利用できません。

 

また、基本的にクレジットカードを申し込んだときにキャッシング枠も申し込まないと利用できません。

 

すでにクレジットカードを持っているけど、キャッシング枠はないといったケースが多いです。

 

その場合には、クレジットカード会社にキャッシング枠の設定を申し込む必要があります。

 

ショッピング枠の返済履歴などが良好であれば、審査も早く、キャッシングの限度額も高く設定してもらえます。

 

クレジットカードでのキャッシングを利用する場合にも、消費者金融のキャッシングの時と同じように、コンビニATMを利用すると手数料が発生することも覚えておきましょう。

 

また、クレジットカードは申込をしてカード発行までに2週間ほど期間が必要です。

 

消費者金融のキャッシングと違って即日融資には対応していませんので、そちらも覚えておきましょう。

 

まとめ

 

コンビニATM即日融資キャッシングのまとめ

 

コンビニATMでキャッシングするメリットはなんといっても、全国津々浦々にあるコンビニATMでいつでも現金が調達できるところでしょう。

 

仮に深夜だったとしても、すぐにATMからお金を準備できます。

 

他には、コンビニATMを利用していても、キャッシングしているとは見られにくい点も魅力ですね。

 

キャッシングの無人契約機に出入りする姿を見られたりすると、一発でお金借りている事実が知られてしまいます。

 

100円や200円の手数料が発生しても、あえてコンビニATMを利用してキャッシングをする人がいるのも頷けますね。

 

この記事では、コンビニATMを利用して即日融資する方法を中心に解説してきました。

 

もしもあなたが、コンビニATMを使って即日融資したり、好きな時にキャッシングできる権利を持ちたいのであれば、今すぐ以下の大手キャッシング会社を確認してください。

 

即日融資キャッシング

このページの先頭へ戻る